優勝&準優勝&ありがとう!!

投稿日: 2023-5-27

5月20日(土)に行われた・・・

大和フラフェスティバル コンテスト

優勝✨✨ ティーン ソロ 小松葉那 

 

準優勝✨✨ エレガントレディ 団体 けーこ なお ゆみ KK さよ  

ティーンソロのハナっぺは何度かコンペの経験がありますが、小学6年生の彼女は最年少で見事、『優勝』

エレガントレディ団体にチャレンジしたママワヒネクラスはHula Pakipika発の大人コンペチャレンジで見事、『準優勝』

すばらしい結果を残すことができ、今週はハラウ全体がお祝いムードのHULA PAKIPIKAです!

HULA PAKIPIKAのコンペへのモットーはいつも「できるとは全てやる」の精神です。

それは、出演する人だけでなく、同じクラスのフラシスター、保護者はもちろん、他の保護者も自分のことのように協力してくれます。

応援をされる出演者たちは、感謝の気持ちでいっぱいになり、

いつもコンテストが終わると・・・

みんなが「良いハラウ〜!」って言い合えるほんと自慢の仲間たちです✨✨

入賞できなければ、地獄な気分・・・

ほんとに辛いことがあり得るコンテストではありますが。

そこはやはり、

「できることはすべてやる」

「入賞はご褒美」

「道のりに意味がる」

そんな気持ちでコンテストへ私たちはいつも向き合っています。

正直なところ、

1週間前に行われたリハーサルの帰り道、一人運転をしながら、、、

大人の団体の方は🙏実は自信が無く、かなりどんよりしていました🙏。

大人であっても常に、どこまでも純粋な気持ちで前向きに着いてきてきてくれる彼女たちを思うと諦めるわけにはいきません。

まだ1週間ある!

では、この1週間の有意義な使い方とは?と集中して残りの時間を過ごしました。

そこで、見事入賞を果たせた事にはほんと、驚きを隠せません。奇跡か?

 

過去に優勝と3位の経験があるハナっぺには。絶対優勝させないと、ママの小松の親分が怖い・・・

むしろ、こっちは親分が怖い(笑)

今回、ハナっぺは1週間前あたりからかなりの緊張が見られました。

当日は、エントリーが1つ前のダンサーを裾から見ることになるわけですが。

これまたかなり上手な子で、素晴らしいフラなので厳しい戦いになるな〜と。横から(汗)

緊張するハナっぺに、なにか気の利いた声をかけたい私です。

などと、思うこともある中で。

「あの子はとっても上手だね、でも、ハナっぺにはすごく個性的な魅力があるじゃん」

「ハナっぺはみんなの声援を大きな力に変えれる子だから、楽しく踊っておいで」

と、お話しすると・・・

笑顔で頷く素直な彼女でした。

こちらのコンペでは先生がステージの裾で立って見守るスタイルを取られるハラウもあるのですが、

私は個人的にはどっちでもよいのですが、ダンサーにどっちがいい?って確認すると。

みんなにだいたい、「先生いて〜」と言われます(笑)

そかそか、ってん感じで立ってます。

その効果があるかはわかりませんが、近くで心を見守る、そんな気分で立ってます🤗

そこからは応援団のみんなもよく見えます。

PAKIPIKA コンペあるあるの紫&水色のシャカシャカもよく見えます。

ステージから見るシャカシャカ軍団は、みんなの身体が、前のめりになっていて本当に力を感じます。

今回、大人たちの努力は半端じゃ無く、私自信がこのメンバーの一人だったらこのテンションに着いていけたか?と思ってしまうほど。

うまくステップアップしていけない歯痒さにどんだけ冷たい言葉をかけてしまっただろうかと反省する自分がいたり、めいいっぱいやってるよね、ごめんねって気持ちが沸いたり。

アラカイゆみには、メンバーとして以外の指導も入ります。

足をひっぱってしまうって悩むナオちゃんがいたり。

あれ?思うほど基礎、できてないじゃん!ってケー子ちゃんがいたり。

身体の痛みの悪化が心配だったサヨちゃんがいたり。

泣き虫なフラ歴短いKKに厳しすぎる要求をしたり。

とにかくみんな大変だったと思う。

それでも、結果を出す彼女たちは本当に偉い!!

腐らないで最後まで前向きでした。

私だったら、「ばーーーーか!」って叫んでます。。。

それを乗り越えたからかな😊

本番のキラキラは追い込んでこそ出たものですね!

 

ハナっぺは本当人気者。憧れの存在でもあるのよね!

クールでおとなしいハナっぺですが、

Opio、今年のソロダンサーのコノがぺったり張り付いたままで安心できたと思う。

それがまた見ていて可愛い(笑)

ヘアーメイクさんにはいつものきみちゃん、ともちゃんだから安心。

ひろちゃん、には2階にいったり1階に行かせたりしてしまった🙏

ほかにも!

大人たちの生花をつけるお手伝いや、チケットの配布係をしてくれるまやちゃんがいたり。

落ち着いて準備ができるのはたくさんのあたたかい手があるから。

もちろん、祝賀会の手配もかなりの人数ですから、急なことで大変だったと思います。

盛り上がりすぎて、終電逃すメンバーが出る(爆笑)

この、最後の抜け感も憎めないPAKIPIKAメンバーです(爆笑)

そして、PAKIPIKAのコンテストと言えば!!

 

神タク様✨

5人分の事前に作ってあるココのお花の配置はパーフェクト!!

色味や素材やサイズのチョイスもパーフェクト!!

最終的な仕上げに必要な助手の流れを瞬時に掴むところなんかはほんとに助かるのです✨

そんな神タク様の素敵なところは、花に対する優しい心遣い。

数回前のコンペの時に、作業場へお邪魔した時。

レイ用に短く切った残ったお花を小さな花瓶に入れてあるのを見て・・・

この人にこれからずっとお願いしたいと思いました。

奥様のサヨちゃんと!可愛いご夫婦です😆

 

だいぶ、長くなっちゃったけど。

このへんで。

うふふ。

7連続入賞を決めているHULA PAKIPIKAに私はただいまウットリしておりますよ。

 

しかしながら・・・

私事ですが・・・

ハラウのみんなにはコンペが終わるまで公表を控えていたのですが…

ゴールデンウィーク中の、5月4日に世界一尊敬する私の父が他界しました。

 

5月11日に家族葬にて親戚と父を見送りました。

力強いご住職のお経により、包み込まれる様な安堵感の中、父は送られました。

私は💦

正直、パニックになりそうなスケジュールではありましたが、今は寂しさよりも・・・

「お父さん!頑張ったよーーー!!」って清々しい気持ちで父とのさよならと向き合っています。

フラを鑑賞するのが好きだった父ですから、ほんとに良い結果が出せてよかった✨

父には、天国にいるおばあちゃんたちに素敵なお土産話しを持たせる事ができた気分です😊

 

祝賀会では、アラカイゆみが・・・

「お父様もここ居てくれている気がします。」

と、ビールを注ぎ持ってきた。

向かい側の席には、緑茶が。

それは、先々月亡くなられたゆみばあばへの物です。

ほんとに、暖かい心のアラカイゆみ

PAKIPIKAの誇るアラカイさんです!

 

このあと、49日を迎えるわけなのですが・・・

これからは、母が寂しくならない様に母が楽しめる事をたくさん用意してあげたいと思っています。

母は、こっそり父が父の机に仕込ませていた、「お母さん愛してるよ!」のメッセージを食卓テーブルにおいて明るく生活しています😊

ありがとう!!

 

みんなが笑顔っていい🤙

 

更にランチでもお祝い!

お祝い大好き〜


  • 2024年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
  • アーカイブ

  • カテゴリー